夏バテ・疲れを吹っ飛ばす!スタミナ唐揚げ【フライパン/鶏胸肉レシピ】

夏バテ・疲れを吹っ飛ばすようなスタミナ唐揚げの作り方をご紹介します。

夏に合う「くどすぎないスタミナ感」がある味や香りに加え、作りやすいようフライパンでカリカリにする調理法を使います。夕飯のおかず・お弁当・そしてビールにも合う万能レシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

スタミナ唐揚げの作り方

1 材料(2~3人分)

鶏胸肉 1枚(300g)
サラダ油 適量

薄力粉 大さじ4
片栗粉 大さじ4
卵 小1個

☆中濃ソース 大さじ1
☆しょうゆ 小さじ2
☆みりん、オイスターソース、ごま油 小さじ1
☆おろしにんにく、おろししょうが 適量
☆塩 適量(小さじ1/4程度)

※ みりんは砂糖で代用可(分量は同量の小さじ1でOKです!)
※ にんにくたっぷりがおすすめです(余裕があれば生にんにくを擦りおろしで!)

2 作り方

① 鶏胸肉を削ぎ切りにしたあと一口大に切り、フォークで片面5回以上しっかりと穴を空ける。その後ボウルに鶏胸肉・☆を入れてよく混ぜ、30分~1時間漬け込む。

② 漬け込み後、溶き卵 ⇒ 薄力粉 ⇒ 片栗粉 の順番に加えさっくりと混ぜる。

③ フライパンに2㎝程度の油を敷き、170℃で4~5分揚げ焼きにする(少し焦げやすいため、様子見や温度管理などをしっかりと行いましょう)。

3 YouTubeの料理動画でご紹介

4 補足

今回のレシピは「くどすぎないスタミナ感」をテーマにしたレシピです。

夏らしいスタミナ感が出るよう、香りとコク重視で中濃ソース・オイスターソース・ごま油を加えることがポイントで、特に中濃ソースの香りが「噛んだ瞬間」にぶわっと広がります。

また唐揚げの衣は「卵と薄力粉のミックス~、片栗粉オンリー~」と様々な作り方がある中、

色々と試した結果、料理ブロガーのsyunkonさんの方法がびっくりするくらい相性が良かったため、「卵⇒薄力粉⇒片栗粉」の方法を採用しました!

この唐揚げは、とにかく香りが良く、特に「揚げたて」が一番美味しいです。

(冒頭では「お弁当に合う」と書きましたが)揚げたてアツアツが最高です笑

疲れを、これでふっ飛ばしましょう!

スタミナ唐揚げ まとめ

今回は、夏バテ・疲れを吹っ飛ばすスタミナ唐揚げをご紹介しました。

口いっぱいに広がる香りが食欲を掻き立てるレシピに仕上がりました。そして、(猛暑の揚げ物は「修行」レベルで大変なため)フライパンひとつでカリカリになるのも魅力ですので、夕飯・そしてビールのお供などに、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事